メインコンテンツまでスキップ

タイムゾーン

Supabaseのデータベースは、デフォルトでUTCタイムゾーンに設定されています。これは、「データベースの中のものはすべてUTC時間である」というメンタルモデルを採用すると、タイムゾーン間の差を計算するのが非常に簡単になるからです。

タイムゾーンを変更

alter database postgres 
set timezone to 'America/New_York';

タイムゾーンの全リスト

データベースでサポートされているタイムゾーンの完全なリストを取得します。これにより、以下の列が返されます。

  • name: タイムゾーン名
  • abbrev: タイムゾーンの略語
  • utc_offset: UTCからのオフセット。UTCからのオフセット(正の値はグリニッジの東を意味します)
  • is_dst: 現在サマータイムが適用されている場合はtrue
select name, abbrev, utc_offset, is_dst
from pg_timezone_names()
order by name;

特定のタイムゾーンを検索

特定のタイムゾーンを検索するには、ilike(大文字と小文字を区別しない検索)を使用します。

select * 
from pg_timezone_names()
where name ilike '%york%';